消費者金融の返済方法「リボルビング払い」とは?

消費者金融の返済方式として一般的なものに「リボルビング払い」というものがあります。これはクレジットカードの支払方法としても選ぶことができるものであり、わかりやすくいえば「毎月支払う金額が一定」という特徴を持っています。

 

リボルビング払いで設定される金額は消費者金融業者の定める約定返済額として定められる金額として利用されています。約定返済額以上の金額を支払うことも認められていますので、必ずしも一定の金額でなければならないというルールはありません。

リボルビング払いのメリットとデメリット

消費者金融業者の多くが採用しているリボ払いの特徴として、毎月一定の金額を支払うという「わかりやすさ」と、元本がなかなか減らないという「返済期間の長さ」が挙げられます。

 

たとえば10万円の融資を消費者金融から利用する場合、一ヶ月に支払う金額として設定されるのは5,000円前後が約定返済額となっています。これを超えて支払うことももちろん可能ですが、毎月5,000円の返済で良いのであれば、それほど返済に対して負担に感じることはありません。

 

ただし、この5,000円の中には元本に加えて利息も含まれており、仮に実質年率18.0%の金利で利用する場合、10万円の借入であれば一ヶ月あたりの利息はおよそ1,480円となります。

元本を減らすには毎月の返済額を上げる必要がある

つまり、元本の返済に充てられるのは利息を差し引いた3,520円ということになり、1年間返済を続けても元本は半分も減らない計算です。消費者金融の特徴として借入可能額の範囲内でくり返し利用できるというものがありますので、もしも再利用する場合にはさらに元本の減りが遅くなります。

 

消費者金融業者からすればできるだけ返済期間が長いほうがそれだけ多くの利息を受け取ることができますので、リボ払いには返済期間を長くする目的もあるかもしれません。

 

毎月支払う金額が一定であり、負担も少ないということで、利用者にとってもある程度のメリットがあるのがリボ払いですが、様々な事情を考慮すると返済時に多めに支払って少しでも早く返済を終わらせた方がお得といえるでしょう。

 

用途・目的に合わせて消費者金融一覧からカードローンを絞り込み検索

絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関