専業主婦は消費者金融に申込めるのか?

基本的に貸金業法の適用を受ける消費者金融会社や信販会社では、原則収入のない専業主婦には貸付を行うことはできません。しかし収入のない専業主婦でも借入をすることができる場合もあります。

主婦でもパートなどで安定した収入がある場合

主婦でもパートなどで安定した収入がある場合は消費者金融でも融資可能となります。

 

自身のパートの収入の1/3までの貸付額になりますのでそれほど多くは借り入れませんが、誰にも気兼ねなく申込めるのでパート収入のある方は自身の与信で申込むのがいいでしょう。

配偶者に安定した収入がある場合は銀行カードローンで申込める

銀行カードローンの場合各銀行によって条件が異なりますが、基本的には配偶者に安定した収入がある場合には利用限度額が限定されたうえで利用可能となります。従って専業主婦への貸付けを行っているのは、貸金業法の適用を受けない銀行カードローンとなります。

 

この場合利用限度額も少額と設定されているものや主婦層を狙って予め小額しか利用できないように設定している銀行カードローンに申込めば、配偶者の所得証明なども不要となり配偶者の会社にローンの在籍確認の電話も掛かりませんので内緒で申込めます

専業主婦申込可能な銀行カードローン

リザーブドプラン【スルガ銀行カードローン】

スルガ銀行

金利 年利 3.9%〜14.9%
限度額 最高 800万円

近頃の銀行カードローンは窓口ではなくネットで申込める

また銀行だからと言って銀行窓口で申し込む必要はなく、ほとんどの銀行ではWEB申込を用意しておりメガバンクなどのカードローンの場合は自動契約機も利用できます。お試し診断ができるところも多く、数項目を入力するだけで審査に通るかどうかの判断が付きます。

 

また女性に配慮したサービスを提供する銀行もあり、対応はすべて女性が行ってくれるというカードローンもあります。

 

このように専業主婦向けに貸出金額を少額に設定し所得証明書の提出を不要にしていますが、もともと銀行カードローンは総量規制の適用を受けないため100万円までは所得証明を不要にしているものが多く、中には200万円・300万円まで不要とする銀行もでてきています。

 

専業主婦に所得がなくても配偶者に安定した収入がありかつ配偶者の信用情報に問題がなければ少額の融資をしても問題はない訳です。

 

これら以外は通常のカードローンと全く同じ内容となりますので、なるべく低金利なカードローンがお得です。銀行とは言っても各サービスによって貸出金利は大きく異なりますので注意が必要です。

 

また短期の資金ニーズでアあれば無利息サービスなどもありますので検討してみるのもよいでしょう。さらに、申込から契約までWEBでできるところも多いので自宅からでもどこからでも申込むことができます。

 

用途・目的に合わせて消費者金融一覧からカードローンを絞り込み検索

絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関