消費者金融の無担保ローンと一般ローンの違い

一般的にローンと聞くとマイホームローンやマイカーローン。また、教育ローンなど使用目的が決まっているローンを思い浮かべる人が多いと思います。このようなローンの場合、お金を借りる際には必ず指定に沿った使用目的が必要になり、またマイホームなどにおいては普通、融資本人名義の所有不動産又は融資対象不動産を担保にする必要があります。

 

中にはそれらを担保にする必要のない場合(教育ローンなど)もありますが、一般ローンの多くは担保が必要になってくるローンになってきます。その反面、無担保ローンとはその名の通り担保が一切必要ないローンを言い消費者金融のカードローンもこれに当ります。

無担保ローンの利便性と利用上の注意

またそのローンの使用目的も一切必要なく、借りたお金は自由に使う事が可能になっているローンになっています。その為消費者金融やカードローンなどが主にこの無担保ローンになっています。

 

この場合品行や消費者金融で無担保ローンを借り入れする場合、条件として安定した収入が最低条件になってきます。この安定した収入と言うのは、正社員ではなくパートやアルバイト勤務でも認められるため、多くの人が利用する事が可能です。

 

しかし専業主婦においては少し違って来ます。専業主婦の場合、自分自身に安定した収入がなくその上総量規制に引っかかってくるのです。この総量規制とは消費者金融に対して適応されているもので、年収の1/3以上の借り入れを行う事が出来ないという決まり事。

総量規制が関わる消費者金融のカードローン

その為、アルバイト勤務などの人でも、年収の1/3以上の借り入れを行う事は出来ません。専業主婦においては収入が0になる為、借入れする事ができる金額も0になってしまうのです。

 

先ほど言った通り、この総量規制は消費者金融や信販会社などのノンバンクに適用されているもの。その為、同じ無担保ローンでも銀行の場合、専業主婦でも返済能力があると認めれらた場合、お金を借りる事は可能です。

 

これらのように、一般ローンは、担保を必要とする目的別ローン。無担保ローンとは、担保を必要としないフリーローンになるのです。

 

用途・目的に合わせて消費者金融一覧からカードローンを絞り込み検索

絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関