自営業の人も消費者金融を利用できる?

消費者金融といえば誰もが手軽に融資を申し込むことができるという特徴があります。

ほとんどの業者が会社員や公務員に加えてパートやアルバイトで収入を得ている人も融資対象としており、安定した収入があれば融資が可能となっています。

 

 

では自営業の方についてはどうなの?


消費者金融を利用するうえでの条件として、

 

 

安定した収入を得ているかどうかというのは重要なポイント


ではありますが、

 

 

  • 自営業の場合は「安定した収入」を証明することが難しいのではないでしょうか?
  • また、会社員などのように「勤務先」というものがありません!

ので審査手続きの内容についても異なると考えることができます。

 

 

結論からいくと自営業の人であっても消費者金融を利用することは特に問題はありません。


消費者金融業者からすれば、返済能力が確認できれば融資可能と判断できるからであり、収入を得るための方法が自営業であっても変わることではないからです。ただし、ここで注意したいのが

 

 

自営業の場合の収入に対する安定性をいかに証明するか?


という点です。たとえば会社員であっても勤続期間が短い人の場合は審査に通らないケースがありますが、自営業の場合もそれと同様に事業を始めて日が浅い人の場合は審査に通りにくくなります。また、収入の安定性を証明する客観的な資料として

 

 

  • 確定申告書
  • 決算書類

などといった書類を用意しなければならないといった場合もあります。場合によっては

 

 

自営業の業務実態を証明する書類も添付する必要


もあり、この点からも会社員などに比べると消費者金融の利用についてはやや「手軽」とは言いづらい部分があります。とはいえ、こうした手続きの煩雑さを除けば自営業の人が消費者金融を利用することができるのはメリットが大きいと考えることもできます。

 

ポイントは自営業の人といえども「安定した収入がある」と業者に証明することができるか、という部分が重要となってきますので、そのうえで用意しなければならない書類に不備がないよう注意しておくことも大切です。